HOME JPLT N2 Luyện đọc luyen doc jplt n2 bai 44
  • Xem đáp án ngay:

luyen doc jplt n2 bai 44


世界ガン死亡者は増加の一途をたどりまもなく1位になると予測される。ガンの治療法は手術・(注1)抗ガン剤・放射線などだが、この全てが体に大きな負担を与える。ガンが消えたり小さくなったりしても体が弱ってしまうという問題が残る。現在、(注2)ガンワクチンの研究が進められているが、ワクチン治療はそれが避けられる。ワクチンを注射するだけだから、入院の必要もあいし副作用もない。患者は今まで通リの生活を続けながら治療を受けることができる。

ガンは何かの原因で自分の細胞を変化してでくる。私達は病気を治す(注3)リンパ球を持っている。リンパ球は外部から異物が侵入すると直ぐに攻撃を開始する。しかしガン細胞は異物だが攻撃されない。リンパ球を敵だお認識できない。自分の細胞が変化して生まれた物だからだ。ガン細胞には(注4)ペプチドという物が付いているどうだ。そこで体にペプチドを注射するとリンパ球はペプチドを異物だと認識して剛撃を始める当然ペプチドが付いているガン細胞も攻撃する。敵だと認識するからだ。日本の研究ではワクチンを注射した20%の人のガンが小さくなり、40%の人のガンが同じが大きさに留まっていだそうだ。しかも実験の参加者は全員助からないと言われていた人ばかりだったから、初期の人ならもっと効果があるだろう。

しかし日本でワクチンの研究がなかなか進んでいないのも現実だ。ガンはできる場所によってペプチドの形が違うから全てのガンワクチンを作るためにはばくだいな研究費が必要になる。アメリカでは研究費を年間5千億円以上使える。市民の寄付も相当の金額になるそうだ。一方日本は数百億円に過ぎない。きっとアメリカが先に作るたろう。日本はそれを使えばいいという意見が出て来るだろう。しかしそれを日本で使うためにはまだ様々な試験をして国の許可を得なければならないから時間がかかる。さらに問題なのはそのワクチンが日本人を含めたアジア人には効かない恐れがああることだ。人種によって効かない場合があるからだ。だからどうしても日本ではあるいはアジアでは開発する必要がある。国には研究のために費用をもっと負担してもらいたい。ワクチンが開発できれば多くの人の命が助かり、増加している医療費の削減のもつながる。さらに新薬を輸出することでばくだいな利益がもたらされる。国にとっても悪い話ではないはずだ。

(注1)抗ガン剤:ガンの化学治療に使わる薬
(注2)ガンワクチン:ガンの予防や治療に使われる薬。
(注3)リンパ球:病気を予防したり治しする役目を持つ細胞。
(注4)ペプチド:タンパク質の一種。アミノ酸がつながってできている。

  • Câu 1: がん治療について述べているので正しいはどれか。

    • 1. ガンワクチンははかの治療方法と違って体に負担をかけない。
    • 2. 現在治らないようなガンにはワクチン治療が取り入れていない。
    • 3. ガン細胞からペプチドを取り除く方法を研究している。
    • 4. リンパ球を注射すればガンが治る。
  • Câu 2: ガンワクチンの研究の問題点は何か。

    • 1. まだ2割の人しかガンが小さくならないこと。
    • 2. 種類や人種が違うワクチンが必要なこと
    • 3. ガンの研究がアメリカで一番進んでいること
    • 4. ばくだいなお金を使ってもまだ成功しないこと
  • Câu 3: ガンワクチン開発に対する著者の意見はどれか。

    • 1. 早く日本人だけに効くワクチンを作るべきだ。
    • 2. アメリカで開発されたワクチンを利用するべきだ。
    • 3. 日本でもワクチン開発の費用を市民が進めるべきだ。
    • 4. 国がワクチン研究用の費用をもって出すべきだ。

    Dịch:

    Từ vựng:

    Ngữ pháp:

Kết quả bài làm:

Tổng số
0 Câu
Bạn làm đúng
0 Câu
Số câu đã chọn
0 Câu
Số câu chọn sai
0 Câu
Đạt tỉ lệ làm đúng
0 %
Hãy di chuyển lên trên để xem đáp án và hướng dẫn cho từng câu nhé!
Nếu có thắc mắc, hay câu hỏi nào thì hãy viết bình luận nhé. Chúng tôi sẽ trả lời bạn sớm nhất.
Trân trọng!
Bình luận mới:
Tên:

Danh sách bình luận:

    Không có bình luận nào.