HOME JPLT N2 Luyện đọc luyen doc jplt n2 bai 41
  • Xem đáp án ngay:

luyen doc jplt n2 bai 41


日本ほど木がたくさん植えられている緑豊かな国はめったにない。私は森林を見るたびに地球の温暖化防止に役立っているのだから木は切らないほうがいいと考えていた。しかし古い木は炭酸ガスの吸収率が低いそうだ。だから古い木を切って新たに木を植える必要がある。1995年には日本の森林は若かったが今のままでは将来炭酸ガスがまったく吸収されなくなる恐れもあるそうだ。

木で家を造ると木の中の炭酸ガスがそのまま残る。だからなるべく日本の木を使って家を建てまた新しい木を植えることが望ましい。当然家も長持ちさせたほうがいいし家を壊すときにその木が再利用できれば炭酸ガスを出さず地球環境のためになる。

日本の林業は外国の安い木林の輸入拡大によってすっかり衰えてしまった。1960年には86.7%もあった木林の自給率が1970年には45.0%になり1965年に以後は20%前後に落ち込んでいる。値段だけではなく日本の木は水分が多いので外国産に比べて変形しやすく、使いにくいそうだ。また他の問題もある。木材の値段下がるにつれて山で働くのは年寄りばかりになってしまった。木を育てるためには(注1)間伐が必要だが、日本の山は手入れする人が減って流れている。

木材を利用するときは変形を防ぐために乾燥させなければならない。普通は3ヶ月以上かけて自然乾燥させる。当然時間もお金もかかる。最近流行している人工乾燥の場合はいろいろなやり方がある。中でも100度ぐらいの高温で2・3日で乾燥させる方法がよく使われているそうだ。しかし高温で乾燥させると割れたり、木材に含まれる油分が失われたりするので強くでよい木材にすることが難しいそうだ。またそのために使われる燃料費もばかにならない。

最近ある会社が低温乾燥装置を開発した。45度で1週間かけて水分10%ぐらいになるまで乾燥させる。すると変色もしない油分も逃げないので強い良質の材木ができるのだそうだ。燃料費も低く抑えられるので今見学者が後を絶たないそうだ。

ちょっと日本の林業に(注2)薄日が射してきたような気がする。この装置をおおいに利用して地球の温暖化防止のためにもっと日本の木を使うようにしてほしい。

(注1)間伐:木がよく育つように適当な間を空けて木を切ること。
(注2)薄日:雲を通してさす弱い太陽の光。

  • Câu 1: なぜ木は切った方がいいのか。

    • 1. 切らないとお金にならないから。
    • 2. 新しい木を植えたほうがいいから。
    • 3. 切らないと倒れてしまうから。
    • 4. 森林はもおう役に立たないから。
  • Câu 2: 若者はどんな乾燥方法がいいと言っているか。

    • 1. 高温で2・3日で乾燥させる。
    • 2. 自然のまま3ヶ月ぐらい置いておく。
    • 3. 45度で1週間ぐらい乾燥させる。
    • 4. 60度ぐらいで2週間乾燥する。
  • Câu 3: 日本の林業の一番の問題点は何か。

    • 1. 働く人が老人だけになった。
    • 2. 乾燥機が高すぎで買えない。
    • 3. 木の質がだんだん悪くなる。
    • 4. 輸入材が安いので売れない。

    Dịch:

    Từ vựng:

    Ngữ pháp:

Kết quả bài làm:

Tổng số
0 Câu
Bạn làm đúng
0 Câu
Số câu đã chọn
0 Câu
Số câu chọn sai
0 Câu
Đạt tỉ lệ làm đúng
0 %
Hãy di chuyển lên trên để xem đáp án và hướng dẫn cho từng câu nhé!
Nếu có thắc mắc, hay câu hỏi nào thì hãy viết bình luận nhé. Chúng tôi sẽ trả lời bạn sớm nhất.
Trân trọng!
Bình luận mới:
Tên:

Danh sách bình luận:

    Không có bình luận nào.